Toshio Miyata
AirwayRadiologyMediastinal tumorAsymptomaticMediastinumCalcificationRigid bronchoscopyMediastinal CystSclerosing mediastinitisSolid massMediastinal massStent implantationRadiographyComputed tomographyMedicine
3Publications
1H-index
9Citations
Publications 3
Newest
#1Toshio MiyataH-Index: 1
#2Makoto TakahamaH-Index: 16
Last. Hirohito TadaH-Index: 23
view all 5 authors...
A 54-year-old asymptomatic man presented with an anterior mediastinal mass discovered on chest roentgenogram. Chest computed tomography revealed a noncalcified round mass in the mediastinum. A white solid mass, 5-cm in diameter, had arisen from the pericardial adipose tissue with multiple small nodular lesions mimicking mediastinal tumor with pleural dissemination. Postoperative pathologic examination confirmed a diagnosis of sclerosing mediastinitis. Details of the clinical and radiographic fea...
7 CitationsSource
当センターにおける悪性気道狭窄に対する硬性気管支鏡下ステント留置症例をretrospectiveに検討した.2003年1月から2007年5月までに施行された硬性鏡下治療症例73例のうち悪性疾患による気道病変に対して硬性気管支鏡下ステント留置が施行された55例を対象とした.狭窄の様式は,粘膜浸潤型24例,壁外型24例,混合型7例.ステントの種類は,Dumon 12例,Dumon Y型(Y)21例,EMS 17例,Y+EMS 5例.ステント留置により,呼吸状態の改善は全例で認められ呼吸状態の悪化は認めなかった.PSは46例(86.8%)で改善した.術後人工呼吸管理を要したもの10例,肉芽形成4例,ステントの移動2例であり,術後2日以内に2例が死亡した.ステント挿入後のMSTは2.5ヵ月,平均生存期間は4.9±5.2ヵ月であった.悪性気道狭窄に対する硬性気管支鏡下ステント留置は患者のADLの改善および呼吸困難の改善に有用であったが,術前全身状態不良が多く,術後管理には注意を要する.
1 CitationsSource
症例は73歳女性.検診で,胸部X線写真上の異常陰影を指摘された.胸部CTでは左前縦隔に3×3cmの石灰化を伴った縦隔腫瘍を認めた.胸腔鏡下縦隔腫瘍摘出術を施行した.腫瘍は4.0×2.7cm大で,石灰化を伴った硬い被膜に覆われ,褐色粥状の内容物を含んでいた.病理所見では石灰沈着を伴う結合織性の被膜に覆われ,内腔には析出した線維素が充満していた.被膜内面の上皮は脱落しており,発生母地不明の縦隔嚢腫であった.腫瘍の局在部位から慢性炎症によるdystrophic calcificationを伴った胸腺嚢腫が疑われた.
1 CitationsSource
1
Close Researchers